ほくろ除去ができる病院

記事用画像

ほくろ除去をしようと思っても、どんな病院に行けばいいのか悩んでいませんか。
ほくろ除去は一般的に皮膚科、形成外科、美容外科で行うことができますが、治療目的なのか、美容目的なのかといったところで、金額も変わってきます。
治療目的であれば保険が適用されますが、その代わり施術方法も限定的になります。

皮膚科

皮膚科は、主に皮膚に起きた異常を塗り薬や服薬を中心に治療を行う診療科です。病院にもよりますが、手術を行う皮膚科もあります。
ほとんどの治療は保険が適用できます。

形成外科

外見上、おかしい形状になっている部位を整えたり、なくなった身体の部分を作ったり、作り直したりすることを専門とする診療科です。
先天性であったり、思わぬ事故でそのようになってしまったりと、治療を目的として行うため、保険が適用される治療がほとんどです。

美容外科

美容的観点から、人体の見た目の改善を行う診療科です。そのほとんどが治療の為ではなく、「見た目をよくしたい」という欲求を叶えるために行われるので、保険が適用されることはめったにありません。

結局どの病院がいいの?

あなたがほくろを除去したいのは何故ですか?もし「癌だったら怖い」という理由であれば皮膚科や形成外科の方が良いでしょう。取ったほくろを病理検査で悪性腫瘍かどうかも調べてくれます。
もし、「顔のほくろがコンプレックス」など、見た目を気にしてのほくろ除去であれば、美容外科が断然オススメです。
ほくろ除去をすると、ほくろを取り除いた部分が色素沈着してしまうことや、シミになってしまう場合があります。皮膚科や形成外科では「ほくろを取り除く」ことを目的としているため、その後のケアについては必要最低限でしか考えていません。
一方美容外科では、「見た目を良くしたい」という気持ちを一番理解してくれます。施術後、跡が残らないような配慮もしてくれるので、美容目的であれば、美容外科をオススメします。

カテゴリー: ほくろ除去 パーマリンク