エステで行うほくろ除去の違法性

記事用画像

エステに通われている方も多いと思います。
あなたはエステ店で「ほくろ除去」という文言を目にしたことはあるでしょうか?
もし見かけた場合は、施術を受けないことをオススメします。
なぜなら、エステで行うほくろ除去は手法によっては違法行為にあたるからです。
事実、エステでのほくろ除去被害も国民生活センターには寄せられているのです。
こちらは、国民生活センターのホームページに掲載されている相談事例の引用です。

【事例】

娘がエステで1ヶ所1回1000円のレーザーによるホクロ取り施術を3回受けた。弱い照射の施術なので皮膚へのダメージは少ないとの説明であったし、安価なので気軽に受けたが、ホクロ以外の部分がやけどのようになってしまった。
(事故発生年月:2008年1月 20歳代 女性 静岡県)

また実際に、医師免許がないのに医療機器でイボやホクロを焼き取る医療行為をしたとして、2011年1月に東京都足立区でエステを経営していた経営者等が逮捕されています。
医師免許の無い者が医療行為を行うことは、施術者が医療知識が無く、技術不足であり、施術を受ける側が身体を傷つけられるかもしれないということです。
美容を気にしてエステにかよっていたはずが、一生ものの傷をつけられてはたまりません。

エステではほくろ除去以外にも、医療行為かそうでないかといったグレーゾーンで行われている施術がいくつかあります。
このような危険な橋は渡らず、安全のためにも医療行為と疑いのある施術はクリニックで受けるようにしましょう。

カテゴリー: ほくろ除去 パーマリンク