ほくろ除去クリームのトラブル

記事用画像

ほくろ除去クリームで起こったトラブル

国民生活センターのホームページでは、ほくろ除去クリームによる相談事例が掲載されています。これは引用事例になります。

【トラブル事例】

ネットでホクロ取りクリームを見つけ、個人輸入代行業者から入手した。クリームをつけた部分がケロイド状のやけどとなりいまだに治らない。苦情を言うと、体質や個人差であり治らないだろうとのこと。皮膚科で治療を受けているが完全には消えないかもと言われた。
(相談年月:2008年8月 20歳代 女性 愛知県)

これは実際にあった相談事例です。ほくろ除去クリームで気になるほくろを除去しようとしたら、逆に皮膚がただれ、その跡が一生残るかもしれないといった恐ろしい事例です。
このような惨劇が起こらないためにも、ほくろ除去をする場合は、必ずクリニックで行うようにしましょう。

ほくろ除去クリームを個人輸入

ほくろ除去クリームの様に、国の認可を受けていない商品は、個人輸入を通しての購入となります。しかし、この個人輸入という行為はリスクが伴うことを念頭に置かなければなりません。
個人輸入を通して購入をした場合、「粗悪品だから返品したい」という希望や、「商品が届かない」といったトラブルを消費者生活センターに申し出ても、解決まではしてくれません。
そもそも日本という国が認可していない商品を自己都合で購入しているのですから。日本には救済を図る公的制度(医薬品副作用被害救済制度)がありますが、個人輸入での購入商品は救済を受けられません
万が一、恐ろしいトラブルに巻き込まれても泣き寝入りする方がほとんどなのです。
このような実態を把握してから、自己責任のもと個人輸入の利用をするように心がけて下さい。

カテゴリー: ほくろ除去 パーマリンク