ほくろについて

記事用画像

ほくろとは

そもそもほくろとは何なのでしょうか?
ほくろを知る上で知っておきたいのがメラニン色素についてです。多くの人は「シミができる原因」だとお考えでしょうが、実はこのメラニン色素、私たちにとって、とても大切な働きをしてくれているのです。
もし、メラニン色素が無ければ、紫外線から身体を守ることができなくなります。メラニン色素がないと、私たちの皮膚は奥まで紫外線が入り込みやすくなり、水ぶくれや炎症が起きてしまいます。また紫外線がDNAを破壊し、皮膚がんなど、命にかかわる重病をも引き起こしかねないのです。
このように私たちはメラニン色素に助けられて生きています。このメラニン色素を生成する色素細胞をメラノサイトと呼びます。
このメラノサイトと良く似た「母斑細胞」が何らかの原因で増殖した母斑細胞性母斑の総称を「ほくろ」と言います。周囲よりも濃い密度でメラノサイトが集まっているので、茶色かったり、黒かったりと皮膚の色よりも目立ってしまうのです。

母斑細胞性母斑

母斑細胞と呼ばれる細胞が重なって層となり、盛り上がってできたほくろのことです。
ほくろというと黒や茶色のイメージがあると思いますが、色が無い場合もあり、様々です。

単純黒子

皮膚の浅いヶ所にメラニンを生成する細胞のメラノサイトがあり、メラニンを生成した結果が単純黒子です。
色は薄い茶色のものから黒色まで様々で、1~2mmほどの小さいものがほとんどです。

危険なほくろ

ほとんどのほくろは良性ですが、中には悪性のほくろも存在します。形がイビツでデコボコしている、急に大きくなった、前に比べて色が変わった、血が出るなど、ちょっと怪しげなほくろは注意して下さい。
これらは悪性ほくろの可能性があり、メラノーマ(皮膚がんの一種)かもしれません。早急にお医者様に診て頂くことをオススメします。

カテゴリー: ほくろ除去 パーマリンク